でんさいのような便利なシステムを導入|社員の負担が劇的に減る

メンズ

支援してくれるサービス

新しいシステムを導入しようとしたとしても、それがちゃんと自分の会社で使うことができているのかわからないこともあります。神戸のクラウド会計支援サービスを提供している会社があるので頼りましょう。

男の人達

フローが円滑になる

ビジネス上稟議書や承認状などが頻繁に必要になるという企業なら、ワークフローシステムは必須です。そのシステムを活用すればどんなことができるのか把握し、導入を検討することが大事です。

メンズ

負担を軽減

入金されたデータと注文のデータを突き合わせて、消し込みをする作業は毎月大変な負担となっているのです。そのため、経理のシステムでは自動的に入金と注文のデータを照合するシステムが必要となります。

債権を管理する

男性

売掛債権などを管理するのは、支払企業によっても納入企業にとっても大変なことです。悩みは尽きず、会計の部門に関わるスタッフにとっても頭の痛い問題となります。そのため、でんさいといった便利なシステムを利用した方が良いといえます。でんさいならペーパーレスで作業ができますので、支払企業によっては搬送代のコストもカットできるためメリットが大きいです。支払企業が債権に対して抱えていた悩みには、他にも手形の事務手続きが面倒であること、印紙代がかかってしまうこと、支払いの手段が多岐に渡ることがあげられます。でんさいを使うことで、印紙代はかかることがありませんし、手形や振込準備といった事務作業もカットできるといわれています。支払い手段もでんさいで一本化できれば、さらに負担は減らせるでしょう。

ペーパーレスであることは、納入企業にとっても紛失を防げるというメリットがあります。盗難の心配もありませんし、全てが電子化されているのでコンピューター上で処理などを管理することができます。そうすれば誰がどこでこのデータを触っているのかも調べやすくなるのです。また、納入企業にとってもメリットは譲渡や分割ができるという店です。これは手形にはない良さなので、注目すべきでしょう。取り立てをしなければならない場合も便利です。期日になるとでんさいを利用して自動入金が行なわれるため、支払期日の管理がしやすいのです。このように、債権を便利に利用できるシステムを活用してコストを軽減しましょう。